ブランドバッグのクリーニング・修理
クリーニング料金ご依頼お問い合わせ求人情報サイトマップ
お布団からブランド品まで幅広くクリーニング。あなたの大事なアイテムまだまだ生き返ります。
サービス内容よくある質問ご利用案内会社案内
よくある質問 「クリーニング」・「お手入れ」についての疑問にお答えします。
製品について
  • ムートンコートの裏の毛並みが不ぞろい、新品のときはそんなことなかったのにどうして?
  • 羊の種類は何千種もあり、直毛、波毛、巻毛と色々です。ムートンコートの場合一枚に最低五頭くらいの革を使います。表面のスエードの色合いに合わせて縫い合わせるので、裏面の毛並みが不揃いになってしまいます。
    新品のときは十分に伸ばしてあっても、着用、クリーニングにより元の性質に戻ってしまい毛の感じが多少変わってしまいます。

  • クリーニングに出した革ジャケットですが、裏地が出てるし小さくなったみたいなんだけど・・・?
  • 製品化された柔らかい革は、普通原皮より面積を5%ほど広げた革で作られています。
    そのため革はいつも元のサイズに戻ろうとする性質を持っています。しかし革には柔軟性があり、ある程度着用していただければ体にフィットしてちょうど良い具合になってまいります。
    お洒落な方の中には新品の製品を着用前にクリーニングに出しわざと縮ませて徐々に体に合わせていきたいとおっしゃる方もいらっしゃるほどです。また裏地が出てしまったものや、どうしても縮みが直らないものに関しては特別なお手入れをいたしますので直接ご相談ください。
製品のお手入れ
  • 革製品にカビをはえさせないためにはどうしたらいいの?
  • 革は、そのもの自身栄養のかたまりのようなものです。ですから空気中の菌からだけでもカビが発生してしまいます。
    カビを発生させないためには、高温多湿をさけて保存し、ときどき日陰で風を良く通すほか、ポリカバーなどのムレが発生するカバーをかけての保存を避けるよう心がけてください。
  • 革製品に汚れついた時はがどうしたらいいの?
  • 不意の雨や飲み物などの水分には乾いたハンカチで吸い取るように軽く拭くだけでOK。熱いものが付いた時には少量の水を含ませた布でぼかすように軽く拭き取ってください。 泥ハネにはすぐに吸い取るように拭けばシミは残りませんが、ハネ跡がわかるようなら少量の水を含ませた布でぼかすように軽く拭き取ってください。
その他
  • ムートンコートの裏の毛並みが不ぞろい、新品のときはそんなことなかったのにどうして?
  • 一般のクリーニング品に比べ、デリケートな皮革クリーニングは手作業で行わなければならない特殊作業が多く、さらにデザインや異素材の組み合わせ等複雑な製品のクリーニングにはかなりの時間と人件費が必要となります。
    従ってコストダウンの研究に努力しているもののすぐに変えられないのが現状です。
Copyright(C)2008 kobahikaku.co.jp All rights reserved